書籍紹介

世界一素敵な学校
 ダニエル・グリーンバーグ 著/大沼安史 訳

サドベリー・バレー・スクールの開校当初からの様々なエピソードが詳しい実話とともに書かれているので、サドベリーとはどんな学校なのかがよくわかる本です。
特に「学び」「評価」「スタッフ」についての項目は、サドベリーの特徴として必読です。
巻末には、サドベリー・バレー・スクールの卒業生がどんな人生を歩んでいるのかについて、卒業生の言葉を引用してまとめられています。


自由な学びが見えてきた―サドベリー・レクチャーズ
 ダニエル・グリーンバーグ 著/大沼安史 訳

ダニエルグリーンバーグ氏による、サドベリーバレースクール創立30周年記念の連続講話を全訳した本です。
遊び・会話・親・デモクラシーなど、30年の経験を振り返りながら、サドベリー教育の本質や基本理念について述べています。
産業革命後だからこそ存在の意味のある教育としてサドベリーをより理解するための本。「世界一素敵な学校」の続編です。


自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
 デモクラティック・スクールを考える会 編

2006年まっくろくろすけなど3校の計画でデモクラティックスクールらしい歩みでできた、保護者・生徒・卒業生・スタッフの声がつまった本です。
特に印象に残った卒業生の言葉に
「〈宙(スクール)〉がおもしろいかおもしろくないかは、自分が今をおもしろいかどうかってこと」
「自分が楽しいと思ったら、それはきっちり大人まで自分の中に残る。誰かの思いではなくて、自分の思いで身につけていく。これが大切だと思う。」というものがあります。
デモクラティックスクールの考えは素敵だけど、不安や迷いを感じている親御さんや子どもさん、全ての人に読んでいただきたい一冊です。

◇東大を出た僕がサドベリーを選んだワケ
 木村聡 著

著者は湘南サドベリースクールを立ち上げた人で、現在は八ヶ岳サドベリースクールのスタッフをしています。
著者の人生を振り返りながら、どういう経緯でサドベリースクールを開校することになったのかが書かれています。
また、サドベリースクールの特徴なども分かりやすく解説されています。
親としての気持ちも書かれているので、入学を検討中の方には参考になると思います。
とても薄い本でさらっと読めるのですが、サドベリースクールのことがわかりやすく書かれている本です。
お知り合いの方にサドベリースクールのことを説明するのにも適した本だと思います。